沖縄ナイト

7月10日に開催した「島の食材で沖縄料理を楽しむ日」のレポートです。

この日のゲスト料理人は、周防大島に住む、友人Cさん。以前、沖縄の石垣島でLocoという料理やさんをしていた女性。私は沖縄料理勉強会気分で、会場設営やらドリンク準備に勤しみました。


一人営業の時にはない余裕。箸袋まで準備できました。


その間Cさんはというと…


人参を大量に「しりしり」して、

あっという間に3種のチャンプルーを生み出していました!

いつものように、一番に来られたお客様にも盛り付けをお手伝いいただき、まずは、チャンプルーやCさん特製のタコライスな生春巻き、ミミガーのピーナッツ和えをワンプレートで。



野菜たっぷりで、塩やシーチキンの優しい味付け。

続いて、前日から下ゆでし、とろっとろになった島のイノシシで作ったラフティー!!



続いて、私が海で採ってきた、ワイルドなモズクの天ぷら。恐る恐る油に入れましたが、ちょっとしたコツで油も跳ねずびっくり!


Cさんが提供くださった秘蔵の泡盛、波照間島の「泡波」はあっという間になくなり、軽やかなオリオンビールも早々に底を尽きてしまいました。


終わる頃には、「次の沖縄ナイトは、いつ?」とのお声も!

是非またやりましょう〜


0コメント

  • 1000 / 1000